1. HOME>
  2. みまもりシステム>
  3. 在宅介護・在宅看護向け
 

コンセプト

独り暮らしの高齢者の急な体調異変を素早くらせたい
痛ましい孤独死をぎたい
そんな思いから生まれたサービスです。

こんな方にお使いいただけます

  • 訪問看護、訪問介護のサービスを提供している事業所様
  • サービス付き高齢者住宅を運営している事業者様
  • 孤独死の危険性を速やかに検知したい自治体様、不動産管理者様
 

こんなことができます

  • 複数のセンサーを使い生活行動を検知し、定期的に安否情報をメール連絡します。
  • 一定時間生活反応がない場合、注意喚起をメール連絡します。
  • 室内の温湿度が熱中症の危険範囲になった場合、注意喚起をメール連絡します。
  • 居室や浴室での転倒を検知し、危険情報をメール連絡します。(*2015年4月時点 現在開発中)
 

こんな特長が!

  • センサーは全て無線方式を採用し、コードレスですので配線工事は不要です。
  • センサーは全てソーラーセル方式を併用しており、電池交換も必要ありません。
  • インターネットや固定電話回線は不要です。
 

導入のメリット

  • 定期訪問外の時間で発生する異変を検知することができるのでご本人、事業者様ともに安心です。
  • ご本人が自発的に通知できない状態でも、各種センサーが自動的に異常を通知することで早めの対処が可能です。
 

運用イメージ

 

*経済産業省 平成26年度 ロボット介護機器開発・導入促進事業

 

詳しくはお問い合わせください。